« 寒い春。飯道山へ | トップページ | 僕の映画遍歴 戦争映画のこと »

2010年4月16日 (金)

4月15日。雑誌が3冊。

 4月15日発売の雑誌が届いた。3冊である。

 1冊は『山と溪谷5月号』。特集は「かっぱ大全」。ザックの特集もあるので、全体には道具特集という感じである。僕は後ろのほうにチョロッとだけ登場する。

 1冊は『岳人5月号』。特集は「ゴールデンウィーク 心に残る山へ」。僕は第2特集を担当させてもらった。

 いずれもこれからじっくりと読みます。

 もう1冊は『ぴあ関西版』。なんともめずらしいが、アウトドア特集「山歩き&街走り」で、ナビゲーターとして、いくつか関西の低山を紹介した。

 前回ぴあに載ったのは、まあ、10年以上前に遡るだろう。せっかくなので、知り合いで誰が乗っているのだろうと、ながめまわしてみた。目立つのは、もと劇団遊気舎の後藤ひろひと氏。インタビューが載っていたが、まあ、顔見知り程度。初めて会ったのは、20年以上前、学生のときに、大学内でなんかしゃべった。彼はモヒカンであったので、印象が強烈に残っている。同ページの彼の芝居紹介欄に腹筋善之介さんが載っていた。もと惑星ピスタチオ座長。2年ほど前、先輩の結婚式で久しぶりに東京で会った。余興で、腹筋さんお家芸の「パワーマイム」が見られるはずであったが、新幹線の時間があったので見られずじまい。演劇紹介欄には福田転球君の顔が。あと、細かい文字も見ればいるのだろうがめんどくさいのでやめた。

 継続は力なり。僕はいまだにドロップアウトした感が残って、後ろめたさがある。

 しかし、芝居というのは観劇料が高い。まあ、映画とは観客数が段違いだから仕方ない。観にいきたくても、そう簡単には行かないのだ。しかし、そろそろ気まぐれにでも刺激を求めて行ってみるかな。

|

« 寒い春。飯道山へ | トップページ | 僕の映画遍歴 戦争映画のこと »

新刊情報」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 4月15日。雑誌が3冊。:

« 寒い春。飯道山へ | トップページ | 僕の映画遍歴 戦争映画のこと »