« 2012年8月 | トップページ | 2013年3月 »

2012年9月

2012年9月21日 (金)

うしろすがたのしぐれていくか

 昨日はなにやら忙しかった。というより、連日もう、パニック状態で仕事に追われている。

 毎年恒例の『関西ハイキング』はじめ、各方面の書き仕事が集中して何がなにやらわからない。昨日は、京都府大の牛田先生とお会いし、いろいろと話を聞いた。腸内細菌学者の先生だが、京大山岳部出身であり、まあ、正真正銘の山ヤであって、楽しい話をお聞かせいただいた。今まで知らなかった方々とお会いできるのが、なんともこの仕事の面白いところである。

 いったん事務所に戻って、ぽろぽろと原稿を書いて、夜にはあまりにご無沙汰していたので、今回はどんなに忙しくてもという気で、日本山岳会関西支部の委員会に出向いた。

 そして今日は朝から病院である。待ち合いのお供にと、出掛けに本棚から『山頭火』の文庫本を取り出した。ポケットに入るからという理由で、なんとなく久しぶりに手に取ったのだった。

 しかし、種田山頭火の破滅的な人生を病院なぞでたどるものではない。その自由律俳句が、心にきつい。

 しかし、「咳をしてもひとり」の尾崎放哉といい、昭和初期の自由律の俳人の世界はただならぬものがある。荻原井泉水周辺とでもいうのか、この2人の壊れた漂泊の俳人を、行く先々の俳人や友人が面倒を見ている。現代より貧富の格差が激しかっただけに、面倒が見れるひとはそれだけの余裕があったのだろうか。現代日本では、ナンボ仲のいい友人でも、何日も逗留したり、宿の手配を求めたり、転がり込んでは酒を飲んで自分を失い、覚めては反省し、また酒に飲まれて、などという人間を面倒見る余裕などありはしない(もちろん自分で行乞もしている)。無心をされるたびに、金を送る奇矯な人間もいない。そういう意味では、一時的な「放浪」はあろうが、人生そのものが「漂泊している」ような人物が現れることはないのではないか。

 しかしまあ。。。面倒だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年9月 6日 (木)

終わりの始まり

 難しい局面に立っている。

 波乱含みの人生で、まあ、さまざまなことを織り込み済みで生きているわけだが、難所というのは得てして連続するもんなのである。いつまで経っても波乱から開放されぬのである。

 しかし、それもまた、俺らしいといえば俺らしいので困ってしまうわけである。

 いやはや。疲れっちまうぜ。

 終わりの始まりか、それとも。

 蓋を開けて見なければわからない。じれったい。

 嗚呼、面白きかな、人生。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

「岳」の終わり

 『岳』の最終巻18巻が出たので、早速買いに走った。

 三歩が、アルプスを離れヒマラヤに行くというので、これは石塚さん、もしやよからぬことを考えているのではと思いつつ、16巻、17巻と読んだが、ああ、やっぱりだった。

 なんかねえ、最後にはいつもこうなるんだけれども。ほんと、いつかは。

 三歩はもともとスーパーマンなのだから、荒唐無稽であろうと、最後までスーパーマンでいて欲しかったんですわね。悲しいのはいやなんですわ。漫画の話なんだからムキにならずともよいのだけれど、三歩という人物にはとても惹かれておりまして、こうありたいと言う、ひとつのモデルでもありまして、だからこの人には何があっても生きて帰ってほしかったんですわね。こういう人にいつまでも生きていてもらわんことには希望も何もあったもんじゃないです。そういう意味では漫画『孤高の人』のラストはホッとしたんですね。

 うーん、釈然とせんなあ。

 こないだのカラフェスで、もしかしたら石塚さんとお会いできるかと思っていましたが、ニアミスで終わってしまったのも残念でした。

 ところで、久々に民放を見ておったら「いってQ」(であってる?)でイモトサンが、剱の源次郎尾根を登っておりました。ガイドが、ICI(IBS)の奥田さんと「岩と雪」の山本一夫さんだったので、あれまあ、と見ておりました。奥田さんは去年、浜坂の「山の声」公演の折に古いピッケルを都合していただいたばかりだったが、山本さんは久しぶりにお顔を拝見した。明るそうだったので、何よりでした。

 ガンバ、イモっチャン! 会ったことないけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2013年3月 »