« 朝日カルチャーの登山教室 | トップページ | 一挙にご報告、つまり告知です。見てください。 »

2013年7月24日 (水)

遭難死

 劔岳で山岳写真家の新井さんが亡くなられた。僕より年下だった。

 絡みはほとんどなく、2年ほど前か、一度メールでやり取りしたことがある。

 19日に室堂から入って剣沢に下ったということだ。

 ちょうどその頃、僕は立山三山を縦走し、別山乗越から室堂に向かっていた。もしかしたらすれ違っていたかもしれない。これまでの荒天が嘘のような素晴らしい青空が広がり、後立山から富士山、槍穂、乗鞍、白山までもが見通せるなんとも言えぬ山びよりであった。

 各方面から告別式のお知らせのメールが届いた。遠方のためもあるが、親交が浅いこともあって遠慮させていただくことにした。

 亡くなる前日、新井さんは美しい山並みに囲まれて、爽やかな汗をかいていたに違いない。その同じ山並みを僕も共有していた。山々は美しすぎた。だからこそ悲しい。

 残されたご家族のことを思うとやりきれない気持ちになる。

 今はただ、ご冥福をお祈りする。

|

« 朝日カルチャーの登山教室 | トップページ | 一挙にご報告、つまり告知です。見てください。 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 遭難死:

« 朝日カルチャーの登山教室 | トップページ | 一挙にご報告、つまり告知です。見てください。 »