« 2015年2月 | トップページ

2015年7月

2015年7月15日 (水)

意思表明をば

安保法案が可決された。

平和憲法云々はまあ、おいておいて。

日本は立憲国家であるはずであった。それが、本日、瓦解した。

審議をし尽くしたとかどうとかいう問題ではない。いくら審議を尽くし、問題点が指摘されたところで、馬耳東風、ふうん、あっそ、てなもんである。決定的な欠陥が指摘されたって通すもんは通すと最初から決めてあるのであって、国会の審議なぞは、ポーズでしかない。この国には国会などは不要なようである。

国会は形骸化し、さらには国の根幹であるはずの憲法でさえ形骸化した。憲法に何が書いてあろうと、ふうん、あっそ、なのである。書いてあってもそれがどうした、別に気にすることはない、やりたいことをやるんだそうである。

基本的人権? ふうん、あっそ。国民主権? ふうん、あっそ。三権分立? ふうん、あっそ。

かくして、日本国は無法地帯となった。

納税の義務ももういいやね、ラッキー!

文句言わんでくださいよ。現政権のお歴々。僕らはあなたがたを見習うだけですので。

ほんでまた、今日起立した政治家たちに投票したみなさん。先頭きって責任とってくださいね。

憲法改正の方法も決められている。改正する方法はある。変えられる仕組みはあるんだけどね。国民が賛成すりゃするっと変えられるようにね。

でも、都合悪ければ、変えてもいいんだそうな。

さよなら、法治国家日本。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ